初心者でも始められるFX取引入門編

>

証拠金取引とレバレッジの関係

レバレッジ利用に不可欠な証拠金取引の基本

レバレッジをかけるには担保となる証拠金というものをFX会社へ預けることになり、これを証拠金取引と言います。
取引額や通貨、利用する取引会社によって必要となる証拠金の必要最低金額は異なりますが、一般的には取引金額の4%前後の資金が最初に必要となります。
つまり、1ドル100円の時に1万円を証拠金として担保に入れれば、最大25万円分の取引金額となり、2500ドル買うことができます。
しかし、最低限1万円だけ用意すれば良いというわけではなく、証拠金は為替レートによっても日々変動するため、日によって必要最低限必要となる担保の金額は異なってきます。
また、取引資金の一部でもあるこの証拠金は、取引の中である一定の金額まで下回ると、ロスカットとなる場合があるので、ある程度余裕を持った資金計画が必要となります。

証拠金とレバレッジの倍率が重要

FXではレバレッジによる大きな損失や赤字を防ぐために「ロスカット」という自動強制決済のシステムがあります。
これは担保として預けた証拠金が、取引している現在のレートで決済した場合に発生するであろう損失が、ある一定の金額まで達すると、自動的に決済が行われるという仕組みになります。
この証拠金維持率はFX会社によって設定が異なりますが、初心者であれば維持率が高いところを選ぶことで大きな損失を避けることができます。
そのため、証拠金が少なく、レバレッジが大きくなるほど数円の僅かな損失ですぐにロスカットとなってしまう可能性があります。
初心者の方はリスクヘッジも兼ね、取引したい金額になるべく近い証拠金を用意し、レバレッジも1倍から3倍に設定しておくことをお勧めします。
この場合、大きな利益を得ることは難しいかもしれませんが、自身の資産を大損失してしまうという事態は防げます。


この記事をシェアする