FX取引の基礎となる為替レートって何?

初心者でも始められるFX取引入門編

少ない資金でも始められるFX取引

朝のニュース番組などでよく目にする外国為替市場の情報ですが、FX取引ではこの情報がどのように関係してくるのでしょうか? FXは為替レートの差額によって利益を得るため、これらの情報の読み取りと推察が非常に重要なポイントとなります。 為替の基本から、実際の取引方法となる実践的な部分までご説明します。

少ない資金で大きな取引ができるレバレッジ

FXの最大のメリットとも言えるレバレッジは証拠金制度によって少額の資金でも大きな取引が可能になるという仕組みになります。 少ない資金で最大の利益を得られる反面、リスクも高く、資金がマイナスとなる可能背もあります。 メリットとデメリットをしっかりと理解し、上手く活用していきましょう。

証拠金取引とレバレッジの関係

レバレッジを利用するには資金として証拠金が必要となりますが、レバレッジのかけ方と証拠金の預け額によっては大きな損失を生むリスクもあります。 証拠金取引の基本的な仕組みと、レバレッジとどのような関係性があるのか、また、リスクを最小限に抑えるための対策を確認しておきましょう。

今更聞けない為替レートの基本

FX取引は「Foreign Exchange」の略で、外国為替取引の差額によって利益を得る投資方法のとなっています。
始める前にある程度まとまった金額が必要となる投資信託や株と違い、1万円の小額でも取引ができたり、24時間いつでも取引ができるなどのメリットがあり、初心者や現在仕事に就いているサラリーマンの方でも始めやすい資産運用方法として近年注目を集めています。

FX取引とは、そもそもどのような仕組みになっているのでしょうか?
簡単な例として、アメリカへ海外旅行へ行った場合を想定してみましょう。
旅行先でお金を使うためにまずは日本円からアメリカドルへ両替する必要があります。
1ドルを100円で換金し、旅行から帰った後に余ったお金を再び日本円に換金するとき、為替レートが1ドル=120円へ上がっていた場合、同じ1ドルでも20円分多く得ることができます。
これがFXでは為替レートの差額によって利益を得るという仕組みになっています。

最近ではFX取引についてのセミナーがあったり、ノウハウ本が多く出版され、私たちの間でも身近なものとなりつつありますが、興味があっても、リスクを負う可能性を考えたり、為替の複雑な知識や取引のコツを学ばなければいけないと思うと、なかなか始められないという方も多いでしょう。
基本的な知識を身に付け、取引のポイントを把握しておくことで、限られた資産であっても増やしていけることがFX最大のメリットとも言えます。
本サイトではこのFX取引のメリットを活かすための運用のコツや、始めるために必要となる基本的な知識、気を付けるべきリスクポイントなどを簡単に分かりやすくご紹介していきます。
FXに興味があるけれど、仕組みが難しそうと感じている方や、これから始めたいけれど何から初めていいのか分からない、と方は参考にしてみてください。